タイトル
赤ライン
ホーム研究科の概要入試情報カリキュラム構成大学その他
You are here: HOME > 研究科の概要 > 講座(研究領域)と教員
構想と基本理念研究科の構成 講座と教員
研究科の概要
講座と教員
◎専攻名: 小児発達学専攻
 講座名(設置大学): こころの発達神経科学講座(大阪大学)
研究領域名: 小児発達神経学
 子どものこころの発達は、先天的に組み込まれたプログラムの基盤にたって、個々の遺伝的素因や、養育者との愛着形成、社会経済的な環境や疾病等による後天的な要因が、複雑に相互作用することにより規定される。例えば、極小未熟児生存児に注意欠如/多動性障がい (ADHD) や学習障がいの発生が高いことや、重度の愛情剥奪体験がある子どもでは発達障がい類似の症状を示すことが知られている。従って、こころの問題だけを子どもの身体や環境から切り離して考えることはできない。さらに発達障がいと診断された場合にも、攻撃性が強い子ども、理解はしているが無言語の子ども、多動が著しく目立つ子ども等々一人一人の特色は異なる。
 我々の領域では、臨床を重視しながら神経科学的な観点から、①個々の子どものこころの発達とその障碍について脳画像や認知機能検査等を用いて脳科学的な視点から理解すること、②後天的な環境要因がどのように子どもの発達に影響を及ぼすかを、特に、睡眠との関連に重点をおいて調べることを目指す。また、近年神経炎症が発達障がいの発生要因になっているデータが蓄積されてきており、ヒト脳画像と脳組織を用いた神経炎症仮説の検証、並びに、マウスを用いて、組織学的、分子生物学的な手法により、神経炎症がシナプス形成に与える影響の解析を行う。
研究領域名: 子育て支援学

 近年の子どものこころの問題や発達障がいへの注目により、障がいや課題を抱える子どもとその養育者や家族への支援のみならず、家族を取り巻く教育、福祉、医療、心理など様々な職種間の連携と支援の共通認識の必要性が高まってきている。支援の現場においては、子どものこころの発達や親子の相互作用への理解とともに、発達障がいや対応の難しい子どもとその養育者への支援方法の習得が急務とされている。また昨今では子どもの特性のみならず、養育者の特性を理解した上での支援の重要性が指摘されるなど、子どもだけでなく、子どもを取り巻く養育者やその家族へのアプローチ方法の見直しも求められている。
 子育て支援学領域では、子どもと養育者の特性への理解を深めた上で、臨床心理学的面接を適用していくための技法の習得とその検討、子どもと子どもを取り巻く養育者やその家族との関係性に焦点をあて、発達障がい児の対人関係獲得過程の科学的検討、子どもと養育者、また家族にとって、より良い支援につながるトレーニングの有用性の検討など、諸理論や実践を科学的に追及しつつ、研究を展開する。

研究領域名: 分子生物遺伝学
 近年の遺伝学的研究により、他の器質的疾患と同様、精神疾患においても発症リスクにかかわる脆弱性因子が多数報告されるようになってきた。
 本研究領域では、発達障がい、 児童期統合失調症、 児童期気分障がいなどの主要な児童思春期の精神疾患脆弱性遺伝子を中心に、これら脆弱性因子の機能及び脳と心の発達に及ぼす影響を解剖学的、生化学的、分子生物学的な手法を用いて検討を進め、脳の発達と、発達障がい、児童思春期の精神疾患発症メカニズムを分子レベルで解明することを目的としている。これら研究を通じて脳と心の発達を科学的基盤に基づいて理解し、発達障がいをはじめとする子どものこころのひずみに対する予防と対策の確立を目指す。
研究領域名: 高次脳機能損傷学
 近年、発達障がいの子どもたちの存在とその社会的な問題が注目されるようになってきているが、その原因と病態は様々であり、一言で論じることはできない。中でもここ20−30年の医療技術の進歩に伴って、未熟児から小児までその救命率は飛躍的に改善されている。その結果、未熟児の脳室周囲白質脳症や低酸素性虚血性脳症、心疾患に伴う低酸素虚血性脳症、インフルエンザなどの感染症に伴う急性脳症時の脳損傷、脳梗塞や頭部外傷によって生じる脳損傷、てんかんなどの中枢性疾患に伴う認知障がいなど様々な原因によって引き起こされる、脳の後天性の損傷の結果の高次脳機能障がいは、発達障がいの子どもの中でかなりの割合を占めている。本研究領域では、小児の脳の発達時期別に脳損傷の及ぼす影響について研究し、また、外傷(物理的損傷)・血管性損傷・低酸素性損傷・炎症性損傷などの病態別に発達期の神経に及ぼす影響について、神経画像・脳磁図解析などの手法を通じて研究を進め、それぞれの時期と病態に応じた治療法の開発を目指す。
講座名(設置大学): こころの相互認知科学講座(金沢大学)     → 金沢校ホームページはこちら
研究領域名: 社会認知生物学
担当教員名: 柴 和弘 教授
 現代社会が抱える深刻な問題である、「子どもの学習、社会性、行動の障がい」を心が宿る脳の機能障がいととらえて、そのメカニズムを解明するのみならず、「脳を育み機能障がいを克服する方策・診断・治療法」を提案するための教育研究を行う。研究の内容は発達障がい関連遺伝子の探索を行い、それにより、「子どもの学習、社会性、行動の障がい」に関する遺伝子を絞り込み、得られた情報を創薬へ活用していく。また、遺伝子改変技術を使い、自閉症を含む学習、社会性、行動の障がいに関連した遺伝子を改変したマウスを作成し、その行動解析を行うことにより、自閉症関連モデルマウス作成法を確立する。さらに、それらの遺伝子改変動物の脳神経関連分子や脳神経機能の異常を分子イメージング技術を用いて、可視化することにより、新たな画像診断法の確立を目指すと共に脳神経機能の異常のメカニズムを解明し、治療法の開発に繋げる。
研究領域名: コミュニケーション支援学
担当教員名: 大井 学 教授荒木友希子 准教授、吉村優子 助教
 親子間、仲間間、教師―生徒間などのコミュニケーションは、心についての理解、世界についての概念的知識、文法や語彙のシステム、推論や記憶、感情の表出と受容など多様な能力を、総合的に活用することで成り立っている。また、それは言語を含むコミュニケーションのしかたそのもののみならず、社会文化的な慣習、出来事の社会的意味を理解し、確実な相互理解の手法と相互協調を学ぶことに決定的に関与している。発達障がいのある子どもたちは、コミュニケーションに関与する多様な要因の一部あるいは多数に障がいがあり、母子、家族、園や学校、地域などあらゆる場での社会的な学びに困難を示し、それがかれらの社会適応を脅かすのみならず、安定した人格形成をも妨げかねない。本領域は、そうしたコミュニケーションの障がいの発現機構の解明と、子どもと大人あるいは子ども同士のコミュニケーション不全への介入技法の開発をめざす。
研究領域名: 高次脳機能学
担当教員名: 齋藤 大輔 准教授、池田尊司 助教
 ニューロイメージング技術を活用して、神経科学の観点からヒトの高次認知機能と脳の働き(機能)あるいは形(形態)との関連性を探索する。手法として、脳磁図(MEG)、磁気共鳴画像法(MRI)、機能的MRI(fMRI)、tDCS(経頭蓋直流刺激)によるNeuromodulationの観察などを組み合わせて、脳と認知機能との関係を解明することを目標としている。そのなかで、1) 脳機能の発達を、成熟した脳(大人)と成長途上の脳(子ども)をMEGやfMRIを用いて比較することで明らかにする、2) 脳構造や容積の発達的変化を、MRIによる脳構造画像を用いて明らかにする、3) tDCSがワーキングメモリーや抑制機能といったヒトの高次認知機能に与える影響について明らかにすることを目指していく。
研究領域名: 協調運動障害学
 自閉症を含む発達障がいを抱える人たちでは、手足の麻痺がないにもかかわらず、全身性の運動、手先等を使う微細運動などの障がいが頻繁に見られる。このような発達性協調運動障がいが生じる機序は必ずしも明らかではなく、原始反射の正常な消失の遅延、神経興奮伝達の異常など様々な原因が考えられている。そこで、大脳から脊髄に至る中枢神経系の運動生理学、大脳の連合機能、左右脳の違い、大脳半球間連携など、協調運動障がい研究に必要な基礎知識を身に付けるとともに、分子、細胞、個体レベルの様々な研究方法を取り入れながら新しい知見が得られるように努める。
研究領域名: 社会神経科学
担当教員名: 菊知 充 教授、熊﨑博一 准教授
 人同士の相互作用と社会的意思決定のプロセスを、ニューロイメージング技術等を用いた神経科学と、哲学・心理学・社会学など人文社会科学の両方の観点から統合的に解明する、革新的な研究に挑戦しうる人材を育成する。そこでは、自閉症を代表とする発達障がいを生み出す生物学的要因と社会的要因との関連、自閉症脳と非自閉症脳のインタラクション、脳機能の個人差を媒介とする発達障がいと社会とのかかわり、人間の社会的行動における合理性-非合理性問題、社会経済行動と脳の関連、薬物の脳内作用のこれらに対する影響、および脳機能のエンハンスメントと社会の関連などの解明に取り組む。これらの成熟した脳(大人)と成長途上の脳(子ども)とでの違いもあわせて追究する。したがって本領域の研究は、金沢校の社会認知生物学研究領域、コミュニケーション支援学研究領域、高次脳機能学研究領域との密接な連携のもとに行うこととなる。
講座名(設置大学): こころの発達健康科学講座(浜松医科大学)  → 浜松校ホームページはこちら
研究領域名: 画像生物学
担当教員名:  (選考中)
 PET(陽電子放出型断層撮影)をはじめとする分子イメージング法は生体情報を非侵襲的かつ客観的に描出できる優れた特性を持ち、さまざまな病態の診断や治療効果判定の手段として広く普及している。画像生物学では、これらの生体イメージング手法の対象となる脳や生体の機能について学ぶとともに、イメージングにより得られるデータの処理法や解釈の仕方を身につけ、小児の発達における分子イメージング手法の優位性を学習する。
研究領域名: 社会支援学
担当教員名: 辻井正次 客員教授、土屋賢治 准教授
 発達障がい児・者が健常者と均等に生活できるためには、彼らの持つ障がいの特性を理解し、個々の発達段階に応じた適切な支援を行うことが不可欠である。社会支援学では、子どもから成人にいたる発達過程の理解に基づいた支援、障がい児・障がい者のおかれた環境に応じた支援、および、支援する側への支援、という多角的な観点からの支援方策を学ぶ。さらに、医学的診断を含めた個々の子どもの査定方法、査定された障がいを持つ子どもに対する個別支援プログラム作成の仕方、実施方法、効果評価法について学習する。
研究領域名: 疫学統計学
 ヒトの発達や行動を研究対象とする場合、発達や行動のどの側面に注目するか、それをどのように客観的に測量するか、対象をいかに的確にサンプリングするか、得られた測定値からどんな科学的事実が演繹されるか、また、研究仮説が科学的に立証されたかなど、順次マクロからミクロに向かう視座を必要とする。疫学統計学を学ぶことにより、この視座が容易に開かれる。疫学統計学では、科学的な考え方に基づいた研究デザイン、データ解釈の方法、統計学的解析法について学習する。
研究領域名: 触法行為関連学
担当教員名: 黒田美保 客員教授
 子どもの犯罪、触法行為、非行は、近年増加の一途にある。また、発達障がいを持つ者は犯罪や非行のリスクが高いと言われている。触法行為関連学では、子どもの反社会的行動のリスク要因は何か、子どもの犯罪がどのような状況で行われ、また、その犯罪が次の犯罪にどのような影響を与え、さらには、成人後の考えや行動にどのような影響を及ぼしているのかについて学習する。
講座名(設置大学): こころの認知行動科学講座(千葉大学)  → 千葉校(センター)ホームページはこちら
研究領域名: 認知行動療法学
担当教員名: 中川彰子 教授、浅野憲一 助教、伊藤絵美 准教授(兼)
 子どもの不安、抑うつの問題は慢性化するとその後の成長、発達に大きく影響するため、治療効果の改善が望まれる。不安障がい(パニック障がい、強迫性障がい、社交不安障がい、心的外傷後ストレス障がいなど)、大うつ病性障がい、摂食障がい(神経性大食症)などの精神障がいに対する効果が国際的に実証されている心理療法である認知行動療法の専門家の数は我が国においては絶対的に不足している。本講座では認知行動療法を実践できる人材の育成、およびその有効性をさらに高めるための研究を行う。
研究領域名: メンタルヘルス支援学
担当教員名: 中里道子 教授、花澤 寿 教授(兼)、浦尾悠子 助教、大島郁葉 助教
 児童思春期には、各発達段階において、それぞれ特徴的な心の発達課題が存在すると考えられている。不安や抑うつ、摂食障がいなどのメンタルヘルス(心の健康)の問題の発達課題に応じた特性を理解し、早期発見、早期介入の観点から、個々の子どもや集団に対する認知行動療法を含めて、どのような支援が多様な専門職によって現場で行うことができるかについての研究を行う。
研究領域名: 認知行動脳科学
担当教員名: 小畠隆行 客員教授、清水栄司 教授(兼)松澤大輔 講師(兼)、平野好幸 准教授

 自閉スペクトラム症、不安症(パニック症、社交不安症、心的外傷後ストレス障がいなど)、うつ病、強迫症、摂食障がい(神経性やせ症、神経性過食症、過食性障がい)などの精神疾患における認知、行動、注意、感情などの高次脳機能の歪み(バイアス)に関して、非侵襲的脳機能検査や動物実験モデルを用いた基礎的研究を行う。

講座名(設置大学): こころの形成発達科学講座(福井大学)  → 福井校ホームページはこちら
研究領域名: 情動認知発達学
担当教員名: 小坂浩隆 教授岡本悠子 助教、藤岡 徹 助教
 自閉症スペクトラム障がい(ASD)は、社会性・コミュニケーション・想像力における障がいを特徴とし、就学期には「不適応状態」「いじめ」「不登校」、青年期には「うつ状態」「引きこもり」「就労困難」など、社会的問題が起こることが知られ、早期診断・早期介入およびその病態メカニズムの解明は重要かつ急務な課題である。本領域では、ASDをもつ方を対象に、脳画像的研究アプローチと治療的臨床研究アプローチを試みている。MRIおよびNIRS等の非侵襲的画像検査法により、脳構造/脳機能異常を詳細に検討し、脳内ネットワーク障がいの病態メカニズムや認知神経心理学的指標および多様な生物学的マーカーとの関連性について探究する。また、社会性を向上させるといわれるオキシトシンが、ASDをもつ方のアイコンタクトの増加、表情認知や共感性の向上、コミュニケーション力の増加、こだわりの軽減などの臨床的効果がみられるか、その変化を非侵襲的画像検査にてとらえられるか、効果の違いに遺伝的背景が存在するのか、多角的に探究する。そして、個々のASDをもつ方々の実践的な治療・支援に向けてどう役立てられるかを検証する。
研究領域名: 発達環境支援学
担当教員名: 友田明美 教授藤澤隆史 講師、島田浩二 助教
 子どもたちのこころの健康の維持は、21世紀の最も大きな課題の一つとして注目されつつある。近年、 児童虐待や子どもの心身症、 発達障がいなど、 いわゆる"こころ"の問題解決への社会的要請が強まっている。児童精神科領域とされるこれらの問題は、実際には精神科や小児科の合間にあり、未解決の問題が山積している。 特に昨今、医療機関への受診が急増している発達障がいに対しては、その実態と要因を探ることは急務である。
子どものこころの発達は、先天的・後天的な様々な要因が複雑に絡み合う中で規定されているが、その中で、我々は子どもの脳に関わる影響に注目している。ヒトの脳を可視化する技術が進歩し、非日常的または日常的な様々なトラウマ体験の生物学的影響が脳にもたらされることが解明されてきた。
"こころ"の問題解決を実現するために、脳機能イメージングや神経心理学的手法を駆使した、脳科学を基盤とする学際的な研究を推進する。発達障がいの生物学的なリスク要因を早い段階で認識すれば、予防や治療へつながる可能性が高まる。脳が外界環境の強い刺激により影響を受けるという事実を前提に、臨床医・基礎研究者・地域が連携する中で研究を進め、教育・療育方法の新たな開発を進める。さらに、 環境が小児のこころの発達に及ぼす影響についても多面的な研究を展開し、難治とされる脳機能疾患の治療・予防を可能にするために取り組む。
研究領域名: 脳機能発達学
 分子・細胞レベルでの解析を中心として脳の機能発達の仕組みを解き明かし、行動などの個体レベルにおける機能との関連を明らかにすることを目指した研究を展開する。分子や細胞レベルでの仕組みの解明が進むと、脳の働きを実体を伴って理解できるようになる。そのため、さまざまなこころの疾病を、その仕組みの破綻としてとらえることができ、疾病の新たな理解や、従来にない治療法の開発に結びつくことが期待される。本研究領域では、以下の研究のテーマで研究を遂行する。
(1)自閉症診断に応用可能な生物学的マーカーの探索研究。自閉症者から得られる血液・毛髪検体を基に、疾患特異性のある体内分子動態を探索する。
(2)モデル実験動物を用いた自閉症治療法の開発研究。(1)での所見が自閉症の治療標的になるかどうかのモデル動物実験を通じて、治療法の開発研究も進める。現在は、主に自閉症にみられる血中脂質代謝・脳内セロトニン伝達系の特異的な異常に焦点を当てた研究を展開している。
(3)心理・行動科学領域における生体リズム研究。子どものこころの発達におけるひずみと、睡眠や食事時間などの生体リズム障がい・体内時計異常との関連性についての研究を進める。
フッター