タイトル
赤ライン
ホーム研究科の概要入試情報カリキュラム構成大学その他
You are here: HOME > 研究科の概要 > 研究科の構成
構想と基本理念研究科の構成 講座と教員
研究科の概要
研究科の構成
【伝統と成果を誇る5つの拠点】
 長年の先端的な脳研究の成果を誇る「大阪大学」、臨床の場でのコミュニケーション教育学に伝統を持つ「金沢大学」、世界最先端レベルの精神臨床研究の行われている「浜松医科大学」、子どものこころの障害に対し科学的基盤に基づいた認知行動療法による治療を試みているわが国唯一の機関である「千葉大学」、子どものうつ病や養育者・兄弟支援に対して教育研究を推進している「福井大学」。関東、北陸、東海、近畿の主要都市に拠点を構えるこの5大学の密接な連携・協力のもとに、本研究科は設置されています。
 それぞれの大学の長所を生かして、分子生物学、脳画像、電気生理学を駆使した脳科学的研究と、大規模疫学調査を基礎とした社会心理学的研究を融合した教育研究体制をとり、さらに子どものこころのケアを実践するためのネットワーク構築を教育研究するために、「子育て支援学(大阪大学)」、「コミュニケーション支援学(金沢大学)」、「社会支援学(浜松医科大学)」「メンタルヘルス支援学(千葉大学)」「発達環境支援学(福井大学)」の5研究領域を設け、広域にわたるダイナミックな展開を志向しています。

 

フッター